IT用語辞典バイナリ | さくいん | サイトマップ | ヘルプ | お気に入りに追加  
エクセル関数リファレンス
IT用語辞典バイナリ<パソコン用語・コンピュータ辞書>
コンピュータ偉人伝<人物・画像・写真・プログラミング>
コンピュータ偉人伝<人物・画像・写真・プログラミング>
コンピュータ偉人伝<人物・画像・写真・プログラミング>
拡張子辞典<ファイル・変換・変更・表示>
HTML5タグリファレンス
CSS3リファレンス
HTML5 JavaScript API
エクセル関数リファレンス
ITパスポート試験
 
  
  IT用語辞典バイナリ > エクセル関数リファレンス > 統計の計算を行う > VAR, VAR.Sの解説
  カテゴリ別さくいん
  タグ別さくいん

VAR, VAR.Sの解説

分散を求める方法

VAR関数VAR.S関数を使用すると、分散を求めることができます。分散とは、複数のデータがある時に、それらのデータの平均値とそれぞれのデータのばらつき具合を数値で示したものです。分散の値が小さければ、平均値に近い複数のデータの集まりということがわかります。また、分散の値が大きければ、平均値に遠い複数のデータの集まりということがわかります。

=VAR(数値1,数値2)
=VAR.S(数値1,数値2)
  1. 「数値1」・・・分散を求めるセル、または、セルの範囲を指定します。
  2. 「数値2」・・・分散を求めるセル、または、セルの範囲を指定します。省略可能です。

VAR関数VAR.S関数とも計算結果は同じになります。

入力例

分散を求めるセルの範囲を指定します。

=VAR(B2:B11)

2761.png

B2からB11までの身長の分散「140.0966」が表示されます。

2762.png

補足

VAR関数は、Excel 2010でVAR.S関数に名前が変更されましたが、Excel 2010ではどちらの関数も使用できます。上の例では、「=VAR(B2:B11)」は「=VAR.S(B2:B11)」に置き換えることができます。
分散も標準偏差もデータの平均値とそれぞれのデータのばらつき具合を数値で示す点では同じですが、計算方法が異なります。

参照




AQUOS R SH-03JAQUOS R SH-03J
NTTドコモが販売するスマートフォンの端末。
ideapad Miix 320ideapad Miix 320
レノボが発売したコンバチブルタブレットPC。
Ideapad 320Ideapad 320
レノボが発売したノートPC。

 ・ITパスポート試験とは
 ・試験範囲と内容
 ・サンプル問題にチャレンジ

 ・Windowsの歴史
ジョン・マッカーシー LISPの開発者
ジョン・マッカーシー
人工知能の研究分野における第一人者。
スティーブ・ジョブズ Appleの共同創設者
スティーブ・ジョブズ
「Mac」や「iPhone」を生み出した経営者。
デニス・リッチー C言語、UNIXの開発者
デニス・リッチー
C言語の設計、UNIXの開発に携わった人物。
».m4b MPEG-4オーディオファイルの拡張子。 up!
».m4r iPhoneの着メロにするAACファイルにつく拡張子。 up!
».xlsx Excel 2007で作成したファイルのデフォルトの拡張子。
».docx Word 2007の標準的な保存形式。XML形式となっている。

2017年7月28日現在
ランキング1   ICT (用語辞典)
ランキング2   コンテキスト (用語辞典)
ランキング3   セグメント  (用語辞典)
ランキング4   アーキテクチャ  (用語辞典)
ランキング5   プラットフォーム  (用語辞典)
ランキング6   デプロイ  (用語辞典)
ランキング7   スワイプ  (用語辞典)
ランキング8   リーンスタートアップ  (用語辞典)
ランキング9   オムニチャネル  (用語辞典)
ランキング10   ステージング  (用語辞典)
RSS 0.91 RSS 1.0 RSS 2.0
IT用語辞典バイナリについてウェブリオ株式会社についてお問い合わせ先テクニカルライター募集利用規約
プライバシーポリシー著作権・商標について協力社一覧Weblio 辞書スマート翻訳英和辞典 - Weblio辞書Weblio英会話
©2012 Weblio, Inc. All rights reserved.