IT用語辞典バイナリ | さくいん | サイトマップ | ヘルプ | お気に入りに追加  
エクセル関数リファレンス
IT用語辞典バイナリ<パソコン用語・コンピュータ辞書>
コンピュータ偉人伝<人物・画像・写真・プログラミング>
コンピュータ偉人伝<人物・画像・写真・プログラミング>
コンピュータ偉人伝<人物・画像・写真・プログラミング>
拡張子辞典<ファイル・変換・変更・表示>
HTML5タグリファレンス
CSS3リファレンス
HTML5 JavaScript API
エクセル関数リファレンス
ITパスポート試験
 
  
  IT用語辞典バイナリ > エクセル関数リファレンス > 曜日の計算をする > WEEKDAY, CHOOSE, LOOKUPの解説
  カテゴリ別さくいん
  タグ別さくいん

WEEKDAY, CHOOSE, LOOKUPの解説

曜日を日本語で表示する方法

WEEKDAY関数CHOOSE関数LOOKUP関数を使用すると、曜日を日本語で表示することができます。

=WEEKDAY(シリアル値,種類)
  1. シリアル値」・・・対象の日時を表す値です。シリアル値、もしくは日時を表す文字列で指定します。
  2. 「種類」・・・戻り値の整数と曜日の対応方法を整数のコードで指定します。省略された場合は、種類「1」(日曜を1とし、土曜を7とする対応づけ)になります。

シートの書式設定にかかわらず、返される値はグレゴリオ暦のものです。
シリアル値は、通常、他のセルへの参照か、TODAY関数NOW関数DATE関数TIME関数などの戻り値を利用して指定します。
WEEKDAY関数の戻り値は曜日を表す数値ですが、それが何曜日を表すかは、引数の「種類」で決まります。「種類」を省略した場合の既定値は1です。

種類「3」のみ数値が「0~6」の範囲になることに注意してください。

種類/曜日備考
11234567「1~7」で日曜日が起点です。既定ではこの設定になります。
27123456「1~7」で月曜日が起点です。
36012345「0~6」で月曜日が起点です。
=CHOOSE(インデックス,値1,値2)
  1. 「インデックス」・・・何番目の値を選択するかを指定します。
  2. 「値1」・・・インデックスに基づいて選択される値を指定します。値には、数値をはじめ、セル範囲、名前、数式、関数文字列などが指定できます。
  3. 「値2」・・・インデックスに基づいて選択される値を指定します。値には、数値をはじめ、セル範囲、名前、数式、関数文字列などが指定できます。省略可能です。

値は1個から254個まで指定することができます。

=LOOKUP(検索値,検査範囲,対応範囲)
  1. 「検索値」・・・表、あるいは、範囲の左端の列で検索する値を指定します。
  2. 「検査範囲」・・・検索値を含むセル範囲を文字列や数値、論理値などで指定します。1行または1列のみの範囲を指定します。
  3. 「対応範囲」・・・検索値が見つかった場合に、対応する値を含むセル範囲を指定します。1行または1列のみの範囲を指定します。省略可能です。

入力例

指定した日付が何曜日に当たるかを知るにはWEEKDAY関数を使用します。しかし、WEEKDAY関数が返す値は、曜日に割り振られた数値で、文字列ではありません。わかりやすく言葉で曜日を表示するためには、追加の手順が必要になります。
ここでは、CHOOSE関数を用いる方法とLOOKUP関数を用いる方法を紹介します。

以下の例ではセル「B2」の日付「2011/1/1」の曜日を日本語で表示します。
CHOOSE関数は最初の引数に「1」から始まるインデックスを、以降の引数に値のリストを指定して、そのリストから指定のインデックスの値を返す関数です。
既定ではWEEKDAY関数は日曜日を「1」として土曜日を「7」とする数値を返しますので、この順番で各曜日に対応する文字列をリストとしてCHOOSE関数に渡せば、正しく変換を行うことができます。
具体的には最初の引数に、WEEKDAY関数の戻り値を、残りの引数に「日」「月」「火」「水」「木」「金」「土」をこの順番で指定します。

ABCDEF
1
2日付2011/1/1
3曜日を表す数値=WEEKDAY(B2)
4曜日=CHOOSE(WEEKDAY(B2),"日","月","火","水","木","金","土")
5

結果は、以下のようになります。
「2011/1/1」のWEEKDAY関数からの戻り値は「7」ですので、表示される文字列は、「日」「月」「火」「水」「木」「金」「土」のリストの7番目である「土」となり、これは実際の曜日と一致しています。

ABCDEF
1
2日付2011/1/1
3曜日を表す数値7
4曜日
5

CHOOSE関数を使った方法では、数値と曜日の対応付けが関数に直接指定されており、柔軟な指定がしにくい面があります。
LOOKUP関数を利用すると、以下の例のように、対応表から曜日(数値)をキーにして、対応する値を求めることができます。

week_lookup0.jpg

この例では2つの表があり、左の対応表では曜日(数値)に曜日一覧と当番一覧を対応づけてあります。右側の表は、この対応表をもとにしたカレンダーです。
右の表の「曜日」列では、LOOKUP関数に、該当の日付に対するWEEKDAY関数の戻り値と、対応表の曜日(数値)、曜日一覧を引数として渡しています。
例えば、セル「F3」の式は「 =LOOKUP(WEEKDAY(E3),$A$3:$A$9,$B$3:$B$9)」となります。

week_lookup.jpg

このように指定すると、曜日を表す数値から文字列への変換が以下のように行われます。

  1. まず、「WEEKDAY(E3)」の戻り値の「7」を「$A$3:$A$9」(対応表の数値の列)から探し、セルA9」を見つけます。
  2. 次に、「$B$3:$B$9」(対応表の曜日一覧の列)で、このセルA9」に対応する位置のセル「B9」を見つけ、この値「土曜日」を結果として返します。

右の表の「当番」の列は、LOOKUP関数の最後の引数を、対応表の当番一覧の列に変えたものです。
元になっている対応表を編集することで、参照している側の表を一括して変更することが可能です。




Surface StudioSurface Studio
Microsoftが販売するPC「Surface」シリーズのハイエンドモデル。
Amazon Fire 7Amazon Fire 7
Amazon.comが販売する7インチタブレット。
VAIO Phone AVAIO Phone A
VAIO株式会社が製造するAndroidスマートフォン。

 ・ITパスポート試験とは
 ・試験範囲と内容
 ・サンプル問題にチャレンジ

 ・Windowsの歴史
ジョン・マッカーシー LISPの開発者
ジョン・マッカーシー
人工知能の研究分野における第一人者。
スティーブ・ジョブズ Appleの共同創設者
スティーブ・ジョブズ
「Mac」や「iPhone」を生み出した経営者。
デニス・リッチー C言語、UNIXの開発者
デニス・リッチー
C言語の設計、UNIXの開発に携わった人物。
».m4b MPEG-4オーディオファイルの拡張子。 up!
».m4r iPhoneの着メロにするAACファイルにつく拡張子。 up!
».xlsx Excel 2007で作成したファイルのデフォルトの拡張子。
».docx Word 2007の標準的な保存形式。XML形式となっている。

2017年5月28日現在
ランキング1   ICT (用語辞典)
ランキング2   セグメント (用語辞典)
ランキング3   スワイプ  (用語辞典)
ランキング4   リーンスタートアップ  (用語辞典)
ランキング5   コンテキスト  (用語辞典)
ランキング6   バリデーション  (用語辞典)
ランキング7   ハードコピー  (用語辞典)
ランキング8   輻輳  (用語辞典)
ランキング9   ウォーターマーク  (用語辞典)
ランキング10   メンション  (用語辞典)
RSS 0.91 RSS 1.0 RSS 2.0
IT用語辞典バイナリについてウェブリオ株式会社についてお問い合わせ先テクニカルライター募集利用規約
プライバシーポリシー著作権・商標について協力社一覧Weblio 辞書スマート翻訳英和辞典 - Weblio辞書Weblio英会話
©2012 Weblio, Inc. All rights reserved.